銀のナイフとフォーク

銀の買取をより高価に進めるためにしておくべきポイントを紹介

● SITE MAP ●

銀の黒ずみを落として高価買取を狙いましょう

アクセサリー

お家にある不要な銀製品は銀の買取専門業者のお店に直接持って行けば、その場で査定してすぐに現金に換えてくれます。ただせっかく売却するなら少しでも高い金額をつけてもらいたいのが人の気持ちというものでしょう。持込買取してもらう場合に高評価してもらうコツをお教えします。銀というのは使用状況によっては汚れや傷もつきやすい繊細なものです。新品の時にはピカピカだったシルバーアクセサリーがいつの間にか黒くくすんでしまっていたという経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。これは空気中に含まれる硫化水素と銀が反応した結果生じた硫化銀によるものです。硫化水素は自動車の排気ガスにも含まれているので完全にシャットアウトするのは不可能ですが、後から表面に付着した黒ずみを落とす事はそれほど難しくありません。黒ずみは貴金属用の研磨剤を用いる事で簡単に落ちますが、予め柔らかい布に研磨剤を含ませた専用クロスが手軽で一般的にもよく使われます。またスプレー式やクリーム式の研磨剤も売られていて、大きな銀製品などに適しています。最も手軽なのは液体式のクリーナーで専用の溶剤に漬けるだけで輝きが復活します。以上のような方法で状態を良くしてから銀の買取を専門業者に依頼すれば、高価買取の期待もアップするのでぜひお試しください。

銀を買取に出す前にしっかりと磨いておきましょう

銀の買取価格を左右する要素としては製品の地金に含まれる銀の純度や、その製品を作ったブランドやシリーズが人気かどうかというものがあります。これらについては購入した段階で決まっているので後からはどうにもなりませんが、自分で出来る方法で買取価格を上げる事も出来ます。それは銀製品の表面を磨いて美しく整えるという方法です。銀はその特性から空気中の物質と反応して黒くなる性質がありますが、これは銀の宿命なのである程度は仕方ありません。しかしわざといぶし銀加工をしてあるもの以外は、金属光沢のある美しい見た目でないと古臭く見えてしまいます。当然買取価格も大きく下がってしまうので、銀の買取を専門業者に依頼する前にはこの黒ずみを落としておくことが肝心です。実は銀の黒ずみというのはクリーナーを使えば簡単に落ちます。傷をつけてしまうとかえって価値が下がります。銀を磨くときは専用のクリーナーである必要があります。一般向けにも市販されていますし、高価な物ではありません。銀のように高価な買取は持込買取や店頭買取のように直接鑑定士とやり取りする買取方法が適しています。その際にも銀製品を綺麗に維持していると鑑定士の心象も良くなって評価も上がりやすくなるという利点もあります。

銀を高価買取してもらうコツとは

銀の買取を専門業者に依頼する際に、なるべく高額に査定してもらうためにはどのようなポイントがあるのでしょうか。まず銀というのは単体で値がつく素材なので、銀の純度と総量が多ければ値段が上がります。宝飾品や美術品の場合には純度を示す刻印があり、そこに書かれている数字が大きくなる程純度が上がるので憶えておきましょう。また製造メーカーが名の通ったブランドであれば、買取価格が上昇します。高級ブランド以外でも若者に人気のジュエリーメーカーなども需要が高いので高額買取される可能性があります。さらに銀製品の状態として、よく手入れが行き届いている物は高価な値段が付きます。これについては持込買取を利用する前にクリーナーで磨く事で間に合います。ただ注意点としては銀製品の中にはデザインとしてわざと黒く加工した製品も多くあります。いわゆるいぶし銀というものですが、こちらは間違えて落としてしまうと評価が下がってしまう事になるので気をつけましょう。もしいぶし銀加工してあるものについては、研磨せずに埃を柔らかい布でふき取るくらいに収めておくと安心です。また店頭買取であれば直接査定の様子を見られるので、その際に値段を上げてもらうように価格交渉するというのも高価買取の一つの手です。

このように銀を買取してもらう前に自分でお手入れをしたりすることで値段もグンとあがり想像以上の高額を手にすることができます。ですので買取を依頼する前にまずどのような商品なのか、汚れていないかなどチェックしたうえで依頼するといいでしょう。

● Press Release ●

お金

不要な銀製品は専門業者に買取ってもらおう

今は使っていない銀製品を持て余している方は、ぜひ銀買取の業者を利用することを考えてみましょう。金製品同様、銀製品には銀それ自体の価値があり、品物によってはかなりの高額で買取してもらえることがあります。銀製品はお手入れが難しく、手入れをせずに放置しておくと、すぐに変色してしまい、本来の輝きを失います。食器やアクセサリーなど、銀で出来た製品を使わずにタンスにしまっているのであれば、銀の買取を専門…

TOP